そらのうた。
詩とか散文とかをつらつら書いているブログです。最近HPも作りました。


プロフィール


ささかま。

Author:ささかま。
年齢性別身元不詳の物書きです。
関東在住。成人。本屋さんだったり。

コメントはいつも一つ一つ大事に読ませていただいています。
リンクはフリーです。どうぞよろしくお願いします!
Twitter→@soranouta_sasa
HP→そらのこうさてん。

『小説家になろう』ささかま。のページ
『星空文庫』ささかま。のページ



最新記事




最新コメント




カテゴリ


未分類 (0)
はじめに (1)
目次 (3)
作品 (401)
通常 (357)
お題使用 (37)
コラボなど (1)
いただきもの (1)
管理人より (32)
お知らせ (16)
おはなし (8)


リンク

素敵なブログ様&サイト様です。

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングならblogram

クリックしていただけると嬉しいです。

ささかま。のつぶやき




FC2カウンター




メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム




バーナー

直リンクはせず、お持ち帰りでお願いします。

バーナー

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2012.09.05  「繋ぐ言葉バトン」をやってみた。 <<07:00


繋ぐ言葉バトン

Q1 確かに一時は手に入れたんだ
A1 でも、こちらから手放した。
Q2 欲しかったのは温もり、それとも
A2 「愛」とかいう名前のものだっただろうか?
Q3 夢から醒めた、それだけなのに
A3 こんなにも空虚で。
Q4 使い古した言葉を選んで
A4 結局ボクは「     」と言う。
Q5 君の笑顔があの人のものなら
A5 それもそれで良いだろう。
Q6 怯えた瞳に移るのは
A6 もっと怯えたこのボクで。
Q7 最高の快楽をあげるから
A7 そんな風に吐き捨て、そして笑ってみせた。
Q8 赦さなくていい、だから
A8 最後にもう一度だけ「     」と言って。
Q9 見たかったのはそんな笑顔じゃなくて
A9 キミと分かち合う、偽りのない未来だった。
Q10 ここで終わりです。お疲れ様でした。
A10 全部繋げようと頑張ったけど、あまり繋がりませんでした^^;ご覧いただいた方々、どうもありがとうございました!

このバトンに回答する / 回答した人を見る

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

No.320 / お題使用 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.11.03  美しいもの <<07:00


柔らかな頬に
朝を見た

煌めく笑顔に
昼を見た

濡れた髪の香りに
夜を見た

いつかの日々の
誰かの話

遠くのものを
近くに寄せて

どうか覚めるな
夢物語


朝を見たとき
そっと触れ

昼を見たとき
引きつけて

夜を見たとき
掻き抱き

いつかの日々の
誰かの話

近くのものを
遠くに仰ぎ

どうか終わるな
夢物語

『美しいもの』








それがたとえ夢だとしても。


「詩書きさんに50のお題」より。詳しくはこちら
web拍手 by FC2

No.104 / お題使用 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2011.09.30  放課後 <<07:00


夕暮れのカラスが鳴いている
振り向くと
橙の教室が寂しげに
「おいていかないで」なんて
言っている

だからね
手を振って
今日も
言ってあげるの
「また明日会おうね」って

『放課後』









明日は今日よりも、もっともっと楽しい日になるよ。



「詩書きさんに50のお題」より。詳しくはこちら
web拍手 by FC2

No.77 / お題使用 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.09.25  afraid <<07:00


戦うことは恐ろしくはない
襲いくる敵も恐ろしくはない

恐ろしいものは
もっと近くにあるのだから
恐れるべきものは
もっと近くにあるのだから

『afraid』







鏡に映った自分を指さして、ボクは笑った。
web拍手 by FC2

No.73 / お題使用 / Comment*3 / TB*0 // PageTop▲

2011.09.24  雨宿りⅡ <<07:00


なんて君の腕はあたたかいんだろう
優しさでこの身が守られてるような
懐かしさでこの身が包まれるような

なんで君は雨から私を守るのだろう
どうして見せようとしないのだろう
一体いつこの熱い雨は止むんだろう

私を抱きしめた君の頬が濡れていて
そんなのは君が隠してもお見通しで
雨宿りを願い今はただ君の雨を拭う

『雨宿りⅡ』







雨に宿ったその思いを、どうか私にも分けてください。

書きさんに50のお題」より。詳しくはこちら

web拍手 by FC2

No.71 / お題使用 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。